放置は危険! アライグマ駆除完全マニュアル【東京編】 » 駆除必須!屋根裏に潜む動物たち » 天井にシミが…もしかしてアライグマ?

天井にシミが…もしかしてアライグマ?

天井のシミの原因は?

ある日ふと天井にシミがあるのに気付いてビックリ。雨漏りでしょうか。そのシミはなぜできたのでしょう。きちんと調査をしないと大変な被害になっているかもしれませんよ。もしかしたら動物が棲みついてるかもしれません。今回は天井にシミを作る動物とその被害についてお話します。

天井にシミを作る害獣(動物)

天井裏には雨風を凌いだり、子育てのために次のような害獣が棲みつくことがあります。

  1. アライグマ
  2. ハクビシン
  3. たぬき
  4. アナグマ

天井にシミができたら要注意!天井裏の被害

可愛いイメージのある中型動物ですが、野生の動物が天井裏に棲みついてしまうと思わぬ被害が発生しますので注意が必要です。

シミの原因である糞尿による悪臭、カビの発生

天井のシミの原因は、害獣の場合糞尿の染み出たものであることがほとんど。染み出るまで蓄積されているため、悪臭やカビが発生している可能性高いです。放っておくと修理費もかさみます。早めの対策を心掛けましょう。

糞尿からの感染も。寄生虫や細菌による健康被害

害獣は目に見えない寄生虫や病原菌を持っていることがあります。糞尿から感染する可能性もゼロではありません。天井にシミができている時点で危険度大。人に移るような菌を持って媒介させることもあるので見逃せません。

天井裏だけじゃない…農作物への被害

天井にシミができているということは、天井には害獣が住み着いています。餌を探したり、獲物を得るために家の周りを荒らされることも。畑や庭へ被害が及ぶこともあります。さらに、生ごみをあさったり、獲った小動物の死骸を天井裏に持ち込むこともあります。

家屋の破損、汚損、生活環境への被害

天井裏に侵入した害獣は建物を破損したり、糞尿などによって汚損したりします。天井のシミもその一つですね。どうしても修理や修繕が必要な被害へ広がってしまうので、できるだけ早く駆除業者に連絡しましょう。

天井のシミに気づいたらまずは駆除会社に連絡

天井のシミを作る害獣たちは被害を拡大させながら天井裏に棲みついてしまうかもしれません。更なる被害を大きくしないためにもできるだけ早く対策をする必要があります。

ただしハクビシンやアライグマなど野生動物をむやみに捕まえることは法律で禁止されています。駆除をする際には必ず専門の駆除業者に依頼をして対応してもらいましょう。

 
24時間365日対応&保証制度付き 東京のアライグマ(害獣)
駆除専門会社3選

アライグマ駆除会社の選び方をチェック