放置は危険! アライグマ駆除完全マニュアル【東京編】 » アライグマの駆除方法 » 屋根裏が危険!アライグマの住まい

屋根裏が危険!アライグマの住まい

ここでは、アライグマが住みやすい環境や、繁殖時期についてご紹介します。

アライグマは屋根裏がお気に入り?

そもそも、なぜ、アライグマは屋根裏に住み着くのでしょうか。アライグマの繁殖期や、駆除業者の事例をもとに探ってみましょう。

アライグマの繁殖期

アライグマの出産時期は、年に一度で、だいたい4月から6月の間とされています。一回の出産で、3〜5頭の赤ちゃんが生まれるのです。

アライグマは夜行性で、通常、昼間は、木の穴や、屋根裏、廃屋などを寝床にしています。その中でも、アライグマにとって屋根裏は、雨風をしのげて、外敵にも注意しなくて済み、安心して子育てができる場所なのです。そのうえ、巣を作る材料までそろっています。

それが、断熱材です。

家を建てる際、内外の熱を遮断するために断熱材が使われることが多いのですが、これが、アライグマの巣の材料に使われています。

ふわふわしているので、子育てにふさわしいとでも思うのでしょうか。

そのまま放置しておくと、アライグマが子作りするたびに、家が破損していくことになりますよね。

アライグマ駆除業者の事例を見てみよう!

【事例その1】<業者名:ハウスクリーニング アート工業>

アライグマ駆除東京ハウスクリーニング事例
引用元HP:ハウスクリーニング アート工業公式HP
https://www.art-kougyou.co.jp/2017/05/12/araiguma/

こちらのお宅では、屋根裏にアライグマが住み着いてしまったようです。堂々と出歩いていますね。

アライグマ駆除東京ハウスクリーニング事例
引用元HP:ハウスクリーニング アート工業公式HP
https://www.art-kougyou.co.jp/2017/05/12/araiguma/

ご覧ください。屋根裏がボロボロになって、断熱材が散乱しています。

アライグマ駆除東京ハウスクリーニング事例
引用元HP:ハウスクリーニング アート工業公式HP
https://www.art-kougyou.co.jp/2017/05/12/araiguma/

捕獲駆除されたアライグマの母親と赤ちゃん。見た目はかわいくても、うんざりする人も多いのでは?

【事例その2】<業者名:アライグマ駆除ザウルス>

アライグマ駆除東京アライグマ駆除ザウルス事例
引用元HP:アライグマ駆除ザウルス公式HP
https://araiguma-kujyo.com/damage/index.html

こちらのお宅でも、屋根裏にアライグマが住みつきました。

アライグマ駆除東京アライグマ駆除ザウルス事例
引用元HP:アライグマ駆除ザウルス公式HP
https://araiguma-kujyo.com/damage/index.html

糞尿の堆積によって汚損された断熱材。いたましいですね。

アライグマ駆除東京アライグマ駆除ザウルス事例
引用元HP:アライグマ駆除ザウルス公式HP
https://araiguma-kujyo.com/damage/index.html

赤ちゃんはすやすやと気持ち良さそうですが、屋根裏の状態は散々。

アライグマ駆除東京アライグマ駆除ザウルス事例
引用元HP:アライグマ駆除ザウルス公式HP
https://araiguma-kujyo.com/damage/index.html

天井にシミができると、屋根裏ではこのような悲惨な状態になっています。これでは元に戻す作業も大変そうです。

ワンポイントアドバイス!

アライグマは寄生虫やダニ、その他の病原菌をもっているので、家族に健康被害がおよぶ前に手を打ちましょう。

一刻も早く、害獣専門の駆除業者に連絡して、無料見積もりを取ることをおすすめします。

 
24時間365日対応&保証制度付き 東京のアライグマ(害獣)
駆除専門会社3選

アライグマ駆除会社の選び方をチェック