放置は危険! アライグマ駆除完全マニュアル【東京編】 » アライグマの駆除方法 » アライグマは駆除する?捕獲する?

アライグマは駆除する?捕獲する?

アライグマは特定外来生物のため、罠を仕掛けて捕獲するには、都道府県知事の許可が必要になります。

どんな時に捕獲の必要があるのか、捕獲しないで駆除する方法も、合わせてご紹介します。

「捕獲」すべきか「追い出し」すべきか?

アライグマを捕まえるべきか、逃がすべきかの判断は、それぞれの被害などの事情によって異なります。

こんな時には捕獲が必要!

こんなときは迷わず、自治体や害獣専門業社へ連絡しましょう。

捕獲しないで駆除する方法は?

以下のような対策をとることで、アライグマの被害を防ぐことができます。

申請のルールを知っておこう

アライグマを捕獲するための許可申請は、各都道府県知事へ対して手続きをします。

つまり、アライグマの捕獲や駆除を、捕獲許可なしで行なった場合は、罰則が適用されるのです。

許可申請には、原則として狩猟免許が必要とされていましたが、以下に該当する場合は、不要とされています。

ワンポイントアドバイス!

自治体へ依頼しても、捕獲はしてくれるけれども、そのあとの処理はしてくれないことも。

糞尿の後始末や、ダニなどの害虫処理を自分でするとなると大変ですし、雑菌なども心配ですよね。

アライグマを捕獲するか、追い出すかは、害獣専門のプロの判断にゆだねましょう。

専門業社へ依頼する場合は、規制法へ順応している業者であるか、捕獲するか追い出すのかを、きちんと見極められる業者なのか、チェックすることが肝心です。

それに加えて、再発防止のための施工を、徹底してくれるかどうかも重要なポイントです。

信頼できる業者をみつけるためにも、まずは、比較したい業社へ連絡し、無料見積もりをとることをおすすめします。

 
24時間365日対応&保証制度付き 東京のアライグマ(害獣)
駆除専門会社3選

アライグマ駆除会社の選び方をチェック