放置は危険! アライグマ駆除完全マニュアル【東京編】 » アライグマの駆除方法 » これってアライグマ?鳴き声や糞の特徴

これってアライグマ?鳴き声や糞の特徴

屋根裏から物音や鳴き声が聞こえたら、アライグマが潜んでいるかもしれません。

ここでは、アライグマの鳴き声や、糞の特徴をご紹介します。

何かの鳴き声がしたら危険信号!

アライグマは、普段あまり鳴き声を上げることがありません。鳴き声を出すのは、身を守るために威嚇をするときか、子どもが親を呼ぶときくらいなのです。そのため、もし、天井裏から鳴き声が聞こえるとすれば、子どもが生まれている可能性があります。

アライグマはどんな鳴き声?

アライグマは、タヌキやハクビシン、イタチやレッサーパンダと同じく、動きも素早いので、捕獲後にアライグマではないと知るケースもあります。

でも、それぞれ鳴き声が違うので、どの動物かわからないときには、鳴き声に耳を傾けてみましょう。

鳴き声チェック

アライグマの糞の特徴

アライグマは、ハクビシンのように特定の食べ物を好むという習性はないので、果実や野菜、昆虫や小動物など、とにかくいろんなものを食べます。

そのため、アライグマの糞は、ベタベタしていたり、強烈な悪臭を放ったり、虫の足や羽が混じっていたりと、その時食べたものによって変わるのです。

アライグマにはハクビシンやイタチのように、大量の糞を溜める性質があるので、その分、家へのダメージも大きくなります。

天井にシミができたり、液体がしたたり落ちてきたり、天井の板が腐って抜け落ちるなんてこともあるのです。

また、アライグマの糞には、ダニや寄生虫が潜んでいることもあり、感染すると中枢神経などに重い病気を引き起こしかねません。

アライグマの気配を感じたら、しっかり手を洗うなどの対策を取ることが大切です。

ワンポイントアドバイス!

鳴き声がしたり、庭や家のそばに糞が落ちていたら、アライグマのものかを確認してみましょう。

もし、アライグマがいるかもしれないと思ったら、ダニや寄生虫、狂犬病、その他の病気を持っていることもあるので、素早く駆除することをおすすめします。

まずは、業者に連絡して、無料見積もりを取りましょう。

 
24時間365日対応&保証制度付き 東京のアライグマ(害獣)
駆除専門会社3選

アライグマ駆除会社の選び方をチェック